読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akooooo’s blog

笑顔であゆむ。  『生きるを学ぶ』 をテーマに旅先で感じたことを書いてみようとおもう

茅刈り初体験

『面白い職人さんがいるよ』

ご縁を繋げてもらい

これは行くしかない!と直感で感じて

ススキが雄大に広がる静岡・朝霧高原

 

f:id:akooooo:20170312211448j:plain

まず河口湖を拠点とする茅職人杉嵜さんに

茅刈りの仕方(鎌のコツ)と束ね方を伝授!

この杉嵜さんがまた気さくで面白い方で

f:id:akooooo:20170312211544j:plain

一束作ってくださった後、茅を空に掲げて一言

「あぁ~なんて綺麗なんだ」

これぞ職人だ、と

 

さぁ

実際に作業開始

 

初めての茅狩り

“鎌で茅を刈るだけ”

見ている分には簡単じゃんと(ごめんなさい)

浅はかな自分のイメージを一瞬で覆らせられ

この作業の途方さを感じた

 

《作業は単純》

①茅が集まっている場所へ行く

※この時に背丈の高くてピンと伸びた茅を選ぶこと

※持ち運びながら刈ることを考え、集結している場所を選ぶ

②鎌で刈る

※円を描くように、鎌の先端だけを使い刈っていく

※腰は曲げない!(これは農作業や荷運びも一緒!)

※切り口は斜めに!

③刈った茅を担いで移動

→これが意外と大変

最初はテンポ良く刈れても、手元の茅が増えていくと共に刈るのが難しくなる

④予め用意しておいた紐で茅を束ねる

※巻き結び。2箇所結わく結び目は同じ向きで

⑤これで一束完成!

束ねた茅はこんな感じ

f:id:akooooo:20170312211702j:plain

茅を約2.5尺(約60cm程)の紐で束ねたものが一束として換算

重さは茅を刈る時期(水分を含んでいる・葉が多く付いているとか)や茅の種類によって異なるよう

 

f:id:akooooo:20170312212150j:plain

ちなみに。これが茅の切り口

 茅の中ピンクだった!!

 

空に伸びる茅の先端に顔や耳が刺さり

足元にある茅の切り口に足やお尻が刺さり

穴や石のトラップに何度もつまずく

 

体験させてもらったからこそ味わった

身体の代償(笑)

 

f:id:akooooo:20170312211910j:plain

 

体感はモノを言うな