akooooo’s blog

笑顔であゆむ。  『生きるを学ぶ』 をテーマに旅先で感じたことを書いてみようとおもう

生きる

2011年3月11日 14:46

6年前のこの日は保育園の子どもたちと一緒だった

 

あれから6年

今思うとこれまで自分がこの日の出来事に

いかに向き合っていなかったかを痛感させられた

 

いや

正確には他人事になっている自分がいるのだと思う

 

今年はある家族の物語に触れさせていただく機会をいただいた

それは東日本大震災の影響で起きた

福島第二原発事故で被災された方のこれまで

 

家族を失い

家を失い

思い出を失う

 

失って(手放して)入ってくるものがある、と実感としてあったが

簡単な言葉で言ってはならないモノがそこにはあった

 

希望は失わない

 

『人間の記憶は儚く、悲しみでさえ忘れてしまうものである

それは仕方のないことだと分かっている

 

未だ見つかることのない我が子を探し続けて6年

もう探し出してあげるのは難しいかもしれない

自分を生かすために息子は隠れたままなのかもしれない

 

だけど

動かなければ可能性は0

例え望みが薄くても動き続ける限り可能性が0ではない

 

この悲しみは消えるものではないであろう

東電への憎しみは一生消えないであろう

 

“行き戻りつつの日々の中、たとえゆっくりでも前に進んでいく”

だから自分にできることを精一杯。

そして、

みんなで空を見て笑おう』

 

自分にできることなど限りなく儚い

けれど、自分にもできることは必ずある

 

家族を失う悲しみは知っている

だからこそ

大切なヒトには今の気持ちをしっかりと伝えていく

 

新たな毎日を迎える中

“自分自身”と“周りにいる人”を大切に

 

私らしく生きていく

 

今日という毎日に感謝を込めて 

今日の空も綺麗に生きてた

 

f:id:akooooo:20170311133827j:plain