読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akooooo’s blog

笑顔であゆむ。  『生きるを学ぶ』 をテーマに旅先で感じたことを書いてみようとおもう

2017幕開け

新たな道を歩んだ2016年。

なんだかんだあっという間に年が変わってしまった。

 

3月 仕事退職

4月ー6月 三宅島島暮らし。

6月 飛騨高山ウルトラマラソン100Km完走!!熊本震災ボランティア。九州旅。

7月 CAMP三昧。北アルプス初一人山行。

8月 三宅島再来島民宿・ペンションアルバイト。CAMP!!

9月 穂高岳山荘アルバイト。

10月 小笠原諸島父島旅。

11月 森のようちえん全国フォーラムIn北海道。

   奥尻島ぶらり旅。山岳フォーラムボランティア。バルンバルン弾丸旅

12月 森のようちえんお手伝い。CAMP!!忘年会!!!

 

自分で決めて動いた

たくさんの“初めて”に出会えた1年

 

何が変わったかは分からないけれど、

すごく良い感覚で動くことができたことは

間違いない

 

悔しい思いも自分の不甲斐なさも

力不足もたくさん感じたけれど

 

支えてくれて

後押ししてくれて

守ってくれた

仲間の存在が大きくあって

 

逢いに行きたいと思える人がたくさんいて

帰ってきたいと思える場所がたくさんあって

大切にしていきたいものをしっかりと見つめることができて

 

ようやく自分の強みが見えてきた

 

想いが重なり

繋がる場が生まれることが嬉しくて

単純に誰かの何かの力になりたいと思えて

みんなが笑いあっているその姿をそっと見れることが

自分のやりがいになっていて

 

仲間と共に何かを『創り出す』時間や空間に

すごくワクワクした

 

さぁ。

2017年。

 

変わらず頭ふらふらもやもやしながら

自分を信じて進んでいく。

 

“応援するされる”

の関係ではなく

《互いに高め合える関係性を築いていきたい》

 

 f:id:akooooo:20170102123807j:plain

 

ブログも気ままに続けていきます

気ままに見てもらえたら嬉しいです。

森の実習隊

冬晴れの週末

ふらりと清里高原“清泉寮”にお出かけ

 

森の中に繰り出し

階段・道作りプログラムに参加

f:id:akooooo:20161204182805j:plain

自然物を再利用し

工夫しながら環境を整備

土を掘り起こし、木を組み合わせて、石をはめ込む

決まりはなく、参加者のアイデアがカタチを創っていく

純粋に楽しかった!

 

そして、

環境を整備する人の大変さ・面白さに

ほんの少し触れることができた気がする

f:id:akooooo:20161204182854j:plain

完成★

f:id:akooooo:20161204182942j:plain

檜のウッドチップがいい味出してる

つい通りたくなるような道♪

 

プログラムの創り方って多種多様で面白い!

山から学ぶ

 2016.11/26~27

f:id:akooooo:20161127222406j:plain 

面白かった

岳都・松本山岳フォーラム2016

 

今までひたむきに登っていた山

今年山小屋に入ったことで

見えてきた世界が変わった

 

『山に親しみ 山に挑む』

 

改めて山の怖さも楽しさも

しっかりと噛み締めていきたい

 

やっぱりそそられるなぁ~山

あぁー

稜線歩きたい笑

 

f:id:akooooo:20161127223706j:plain

考え方

独特の教育スタイルを持った

とある中高一貫の公開授業が気になり

ふらりとお出かけ

 

個人が尊重され

個人に責任が課される

選択の自由が至る所に落ちており

個性豊かな授業があちらこちらに

散りばめられている

授業の風景を見てきた

 

答え(応え)ではなく

こたえを導くためのプロセスを

とことん追求して

考えていく

 

例え決まっている公式であろうが

文法であろうが

それは最終的に知りえる情報であり

そこにたどり着くまでの過程に重点を置き

こどもたちが編み出した時に

ようやく答え(公式や単語)を伝える

 

難しいような気もするけれど

知恵を習得する為には

当たり前のような気もして

 

だけど、その当たり前が今の時代

奪われてしまっていることが

山ほどあるんだろうなと感じるひと時になった

 

同時に(自分含め)

これまでの社会にどっぷりと

浸かっている者からしたら

“ありえない”と

衝撃の姿かもしれない

とも感じた

 

先日足を運んだ森のようちえん

今日見た授業風景

 

『教育』

という視点でこれまで自分が大切だと思っていた概念が

それだけではないような気がしてきていて

少し分からなくなった笑

 

だからしばらくの間

これまで自分が学んできた(実践してきた)ことは

箱の中に封印して

新たな姿勢で目の前のこと向き合ってみようと思う

 

頭柔軟に

色々な手法を実践していく中で

自分を進化させ

 

人の成長を考えていきたい

f:id:akooooo:20161120230759j:plain

助けてー笑

自分のやりたいことが

見えてきている

考え感じて動いて

確実に前に進んでいる

自分でも分かる

だけど、一体どうしたらよいんだ?

 

想いの整理が上手くできずに

目的が明確化されずに

ただ時間が過ぎていく

 

自分で道は開かないといけないのは分かっている

だけど、今の自分の力では

自分だけでは解決しない!という結論に至った

 

相手の想いに触れて

自分の想いを発してみたい

 

言語化していくことで想いがカタチになる実感がある

誰か助けてください笑

一緒にお話してください

 

今まで逃げてきた

色々な物事に

背を向けていた人たちに

もちろん大切で変わらないものと

 

深くじっくりと歩み寄ってみたい

 

基本的に楽観的で適当なじぶん

楽な方にラクなところに

いっちゃうかもしれないけれど

 

今のこの感覚を大切にしていきたい

 

想いがまとまらなすぎて

自分でもよく分からないけれど

今感じている率直な想いをなぜか

発してみようと思った

 

考えるって楽しい!!!

だけど、一人で考えていると息詰まるー笑

f:id:akooooo:20161115202836j:plain

なめてた。

北海道×島旅×バイ

11月と言えどもマイナスになる北海道

 とにかく空気が綺麗!

f:id:akooooo:20161110172709j:plain

 

いけるでしょ!!

・・・いけたけれど

久しぶりに身体の芯まで冷え切って

ぁあ~こうやって人は感覚を失くしていくんだろうなぁ~

と体感

寒くなる前にしっかりと着ないとダメ

何事も経験

 

いやぁ~しかしサブかった

バイク旅www

 だけど、凄くよかった奥尻島

f:id:akooooo:20161110171644j:plain

【島の象徴:鍋釣岩(なべつるいわ)】

 

1993年の北海道南西沖地震で大きな被害をもたらした奥尻島

震源域が島のすぐ近くであったため

地震発生から数分で最高到達点約30mとされる津波が島を飲み込んだ

島の至る所に慰霊碑が建てられており、

“自然災害”という言葉、自分の無知さをまた考えさせられた

 

f:id:akooooo:20161110170117j:plain

【後世に受け継がれるよう想いが詰まった慰霊碑:『時空翔』】

f:id:akooooo:20161110171114j:plain

奥尻名物ウニをモニュメントにした:うにまるセンター

f:id:akooooo:20161110173417j:plain

奥尻島指定文化財宮津弁天宮

f:id:akooooo:20161110174105j:plain

【最高に美味しかった宿のご飯:旅の宿 大須田さん

 気さくで温かいご家族が営まれているアットホームなお宿

www.oosuda.burari.biz/

 

弾丸奥尻

しかしここでも感じた島民の方々の

元への想いと観光客への温かいおもてなし

 

“よくこんな何もないところへ来たね”

みんな言うけれど

 

「なにもない」が自然と人をつなげ

魅力へと変わっていくのかな

 

迎える人も向かう人も

みんなその魅力を味わう

 だから自然と温かくなる

 

 そんなことをふと感じた

北海道島旅も終了

f:id:akooooo:20161110170956j:plain

 

北海道に来て

身体の皮が剥けてを感じ

木々が色付いてを感じ

一晩でどか雪になってを感じ

桜関連の歌を聴いてを感じる

 

f:id:akooooo:20161110173930j:plain

うん、満足。

 

 

北海道上陸!!!!!!

 

行ってきました!

f:id:akooooo:20161106184414j:plain

2016.11/4~6

森のようちえん全国フォーラムin北海道

 

去年からどうしても行きたいと思っていた

このフォーラム

森のようちえん関係者200名という参加者に

どぎまぎしながら参加

 

森のようちえんの“これまで”と“これから”を

基調講演や報告またパネルディスカッションで聴いた後

気になる分科会に参加してきた

 

私が受けた分科会はこの3つ

①「リスクの発見と対処~活動の充実と信頼を勝ち取るために~」

②「子どもが輝く“場”ってどんなところ?」

③「世界の森のようちえん」

 

①リスクマネジメントとは?

を確認しながら、手順を学び、ワークを受ける

現代社会において「安全」というキーワードが大切になる中

どうしたらリスクがあることを安全に見守っていけるのか

 

・共に働く者との共通認識・理解、予測の必要性

・起きた時の対処、復旧法

・日常の(慣れた)ことであっても日々リスクを考える習慣

・そして何より、対処する自信(決して過信ではない)

f:id:akooooo:20161106193852j:plain

改めてこのキーワードの重要性と面白さを学んだ

 

②自分が子どもの頃に印象に残っている遊びってどんなこと?

こんな問いで始まったこの分科会

 

10年前と今では子どもたちから出てくる遊びのワードが全く違う

 

f:id:akooooo:20161106194832j:plain

輝く遊びの“要素”ってなんだろう

ディスカッションしていく中で見えてきたことは

環境(物的・人的・外的等)の大切さであった

 

個人的には子どもが輝いている場の近くには

輝いている大人が多いんじゃないかなぁ~と感じている

し、自分もそんな存在で在りたいと思っている

 

③森のようちえん発祥の地“デンマーク”そして“カナダ”の視察報告

そこから見えてくる日本のスタイル

今後の展開は?

f:id:akooooo:20161106195527j:plain

・・・と。

頭をスポンジにして聞くばかりであった

 

f:id:akooooo:20161106195327j:plain

 

全体の振り返り

インプット・アウトプットの仕方も

工夫されていて面白かったなぁ

 

これまで自分が学んできたことの再確認

新たな発見・刺激・展望

 

考えてばかりでは変わらない

動き始める!

 

f:id:akooooo:20161106195713j:plain

 

ご当地ご飯も美味しかったなぁ~