akooooo’s blog

『生きるを学ぶ』 あゆみ道。

畑な日々

息つく間なく楽しすぎたGWが終わり
今週から本格的な畑な毎日

f:id:akooooo:20190510235053j:plain

雑草は元気!!

たんぼ一反弱の畑
GWは宿泊しに来てくださったみなさんと一緒に
連日畑に駆けつけて

f:id:akooooo:20190510235152j:plain

みんなで畑

草を刈ったり、土を耕したり
子どもたちはカエルやテントウムシなど
自然の生き物に夢中

f:id:akooooo:20190510234341j:plain

何がいるかな。

太陽の日差しを浴び
土の感触を味わい
生き物に触れる

f:id:akooooo:20190510235301j:plain

カエルいたーーー!!

自然の中にいると
“自分と相手(ヒト?モノ?コト?トキ?)”としっかりと向き合える

 

そんな時間をまずは自分がしっかりと感じていく
そしてその良さを共に味わっていく

f:id:akooooo:20190510235444j:plain

好きなみち

今年も夏がやってくるっ☀

あゆみ農園スタート

新年度早々

身体がウズウズする最近

動き回りたくてたまらない症候群に陥っています

 

今年度からひとまず二年間

町の貸農園を利用して

畑作りに挑戦してみようと思っています

https://www.town.minobu.lg.jp/chosei/nogyo/2018-0220-farm-1.html

 

育てる作物は、いま自分が携わりを持っている

≪あけぼの大豆≫

 

大豆が苦手な自分の苦手意識を払拭した

この大豆

 

とにかく大粒で甘い

大豆がこんなに美味しいものだと衝撃を受けてきました

 

昨年一年間、そんな大豆の栽培に触れ学ばせていただく中で

≪自分でも育ててみたい≫

そして

≪自分の携わりある方々とも作業から一緒に味わっていきたい≫

≪“これは絶品だ”と美味しいを共感したい≫

 

そんな風に思うようになってきました

 

一歩ずつ歩む“あゆみ農園”

一年間の作業の様子・成長を記録してみようかと思います

f:id:akooooo:20190411153017j:plain

つづく

つなぐ人フォーラムを終えて

熱量に圧倒された三年前

前回は“ボランティア”として一歩後ろから

 

あれから三年

ようやく心と足が前を向き

行ってきました“つなぐ人フォーラム” 

f:id:akooooo:20190219151615j:plain

開会式

今年で11回目

全国各地から様々な技を持った方々が一同に集まり

三日間熱量たっぷりのフォーラムが

毎年、清里 清泉寮にて

清泉寮 | 公益財団法人キープ協会

 

f:id:akooooo:20190219160959j:plain

清泉寮入口

テーマは『つなぐ』

 

なに

だれ

あそこここ

 

“ツナグ”って表現に隠される無限の可能性

 

面白くて凄くて変わっている人たち

そんな方々の中に入って三日間を過ごせたことは

自分にとって刺激だらけ

 

参加者として行くとしたら

「10分プレゼンができるような人になっていたい」……

誰でも10分間自分のPRが出来る時間が設けられている

  

初日のメインは希望者10分プレゼン

 

▶「旅から学んだあゆみ方」

~モノと想いが巡る文化。暮らす楽しさ・難しさ。自然に放たれる大切さ。

暮らす旅から見えた新たな生活への一歩。

地域おこし協力隊として同じ“地域”で暮らして感じた今とこれから~

 

f:id:akooooo:20190219152247j:plain

緊張の10分間

評価は分からないけれど
「言葉にして発した」事実は
自分の経験とちいさな一歩に

次回も心が向くならば
さらなる一歩を踏んでみたい

そんな時間だった

f:id:akooooo:20190219152439j:plain

10分プレゼン一覧

 

二日目のメインは45分ワークショップ

 ※体感することでの学びは∞

  以下、参加したプログラムの印象と内容。

 

「非言語でつながる45分」

喋らず対話。非言語が人間に与える影響のパーセンテージの割合知ってる? 

 

清里自然体験プログラム」

五感を研ぎ澄ます。決めた一本の木のインスピレーションと詩。

 

「心が満ちるリラックス・ラン」

左足裏の神経が重要!マインドフルネス×リトリート。

 

「植物見てれば、だいじょうぶ」

枝の先をよく見てみると。冬芽って面白い。

 

「自分軸をみつけるためのツナグ」

10連休。お金を稼ぐとしたら何をする?価値観って何?

 

「ヒマラヤコーヒー体験」

コーヒーがある暮らし。ちょっと贅沢で豊かだね。

f:id:akooooo:20190219152625j:plain

45分プレゼン一覧

 

最終日は2.5時間ワークショップ

 

「アート思考」に参加

f:id:akooooo:20190219161419j:plain

アート×クラフト×サイエンス=team=∞?


✖アート=画力?……

〇アート=<わくわくすること>

  

“絵が描けない”っていう概念を取っ払う

とてもいいワークと面白い時間だった

 

苦手に飛び込む勇気もたまには大事!! 

f:id:akooooo:20190219160152j:plain

自然になじむ

 

今回のフォーラムを経て決めたこと↓

 

▶好きを探求する

→月一キャンプ(焚き火)、農、コーヒー、リトリート、斜め後ろを歩く

 

▶県外に出て逢いたい人の元を訪れる (月一週末)

→訪れた足跡はブログに記録・発信

 

▶想いを言葉と記録で発信していく

→ブログ毎月一記事あっぷ

 

▶地域に住む方との関係性向上

→住んでいる場所を“好き”と言う人と繋がる

→同じ物事に向かって取り組みが出来る仲間をつくる

f:id:akooooo:20190219162249j:plain

同じモノを囲む

熱量に負傷した前回

また足を踏み入れたいと思った今回

 

繋がりを作る広げるにはまだまだ未熟

 

でも小さくても前に足を出すこと

アートの心を常に持ち合わせること

f:id:akooooo:20190219162755j:plain

前をみつめて Photo by じゅんじゅん

自身の備考録として

記憶だけでなく記録へと

 

再会・はじめまして

つなぐ人で出会えたみなさん

ありがとうございました

 

スタッフ・ボランティアのみなさん

お世話になりました

 

内容はさることながら

清里の自然の素晴らしさ・ご飯のクオリティー

 

全てを含めて

まんぷくの三日間でした

f:id:akooooo:20190219163644j:plain

ご縁に感謝

今日が終わる

同じ場所で一年間
地に足つけた年の終わりを迎える

f:id:akooooo:20181231185618j:plain

山梨で暮らしてみようと決めた昨年冬
当時は一年間も滞在するとは思わなかった

 

暮らしを落ち着かせてみて気づいたこと
“地域で暮らすって慎重になる”

 

何かにTRYするとき

ふと頭をよぎる地域への想い

 

そう思考が回ってきた背景には

これまで出逢ってきた地域で根ざす人たちの存在があるからかな、と

 

変化を落ち着かせ、目の前の事象に

チャレンジした今年は

 

意外にも自分のココロが心地よく

悩みもがきまくったけれど充実していた

 

ちいさな一歩を進めた一年

 2018年

ありがとう

f:id:akooooo:20181231221738j:plain



2018.12.31.

ココロを緩めに

長野県小谷村
一年ぶりに訪れたここは
今回も大雪だった

f:id:akooooo:20181228224223j:plain

 

『古民家noie梢の雪』

kominkasaisei.net

 

“おかえり”って迎えられた玄関
二回目ましてとは思えない

 

f:id:akooooo:20181228224726j:plain

ぐっさんとちかちゃんが創り出す空間

ここには心を空っぽにさせる何かがある

 

初めて会った方とお風呂に一緒に入り
囲炉裏を囲んで一緒にご飯を食べる

 

f:id:akooooo:20181228224124j:plain

“美味しいね”って
自然と言葉が出てくるのは
その背景にある作り手の想いに触れることが出来るから

 

人が交わる空間の傍で
想いを大切に守ってくれる人がいる

f:id:akooooo:20181228224314j:plain

迎える側の心意気を改めて見つめ直す

 

ちょっと強引スケジュールになってしまったけれど
年内にどうしても行きたかった

 

また来年
隙間を見つけて足を運びたい

f:id:akooooo:20181228224349j:plain

 

2018/12/27-28

Special Thanks

お味噌作りに挑戦

体験するって面白い。

 

あけぼの大豆収穫真っ盛りの中。

古くから伝統的に継承されてきている発酵食品の中の一つ。

お味噌作りを教えていただく機会をいただきました。

 

今回、学ばせていただいた先は

明治元年よりみそ・醤油の製造を始め、150年にわたって醸造業を営んでおられる

五味醤油さん↓

http://yamagomiso.com/

 

個人的に知っている場所であったのですが、なかなかご縁(タイミング)がなく。

今回お味噌作りという機会の中で出会わせていただけたことが

自分にとってはラッキーな出会いでした。

 

五味醤油さんに併設されている

ワークショップスペースKANENTEで実施された

<手前みそ体験>

f:id:akooooo:20181220182650j:plain

KANENTE

とてもシンプルで素敵な空間でした。

 

実際に作業に移る前に、五味さんが私たちに向けて、

五味醤油の歴史・お味噌のこと・またあれこれをとてもわかりやすい形で話して

くださいました。

f:id:akooooo:20181220183450j:plain

改めて聞くと、“なるほど~”と。

f:id:akooooo:20181220183525j:plain

味噌の作り方は、とても可愛らしい歌に合わせて紹介。

この試みもとても素敵なものでした。

f:id:akooooo:20181220183643j:plain

森ゆに-手前みそのうた - YouTube

 

レクチャーを受けた後にいよいよ作業スタート◎

予め、①と②は準備をしてくださっていたので、我々は美味しいとこばかりを体験w笑

ご一緒になった方々とお話をしながらあっという間の1時間半でした。

 

【手前みそ作りの工程】

① 前日に乾燥大豆を洗い、水でふやかす

 

② 翌日、大豆を水からあげて大鍋で煮ていく

 ※圧力鍋で約20分

 ※普通の鍋で3~4時間

  (大豆の煮汁は混ぜ込む時に使うので、捨てないこと!!)

f:id:akooooo:20181220184348j:plain

↑こんな感じで参加者分用意してくださっていました↑

 

③ パラパラにした麹と塩を混ぜる

f:id:akooooo:20181220184320j:plain

④ ある程度混ぜたら潰した大豆を投入

 ※この時点で、煮汁も投入

 

⑤ 麹と大豆をしっかりと混ぜ合わせる

f:id:akooooo:20181220192041j:plain

⑥ 綺麗に混ざったものを、団子状に丸めて樽に投げ入れていく

f:id:akooooo:20181220192237j:plain

⑦ 団子状にして投げ入れ、一段事に隙間がなくなるようげんこつで平らに慣らしていく

 

⑧ すべての量を樽に入れ、上段を平らにしたら上から塩をまぶす

f:id:akooooo:20181220192313j:plain

⑨ 塩をまぶした後、ラップをして中蓋を落として重石を入れ完成

f:id:akooooo:20181220192339j:plain

⑩ 家に帰って、蓋の上に新聞紙を被せて紐で密封

 ※空気を極力抜くことで、みその風味や香り守り、カビの発生を抑える

 

f:id:akooooo:20181220192423j:plain

最後に分かりやすいレシピもくださいました♪

 

 

今回、仕込んだお味噌は4kg分。

解禁されるの約一年後。

 

文章を読んで作り方は目に入っていたものの、

何事も実際に体験してみないと分からないことだらけ。

だからこそ自分の手で体感することに意味がある。

 

五味醤油さん

貴重なひと時をありがとうございました。

チャレンジ富士五湖

自身、4回目となるウルトラマラソン

過去三回とも駆け巡った飛騨高山大会ではなく

地元山梨の大会へ

 

出ると決めてから数か月の意気込みの高さ

気持ちが乗らなくなった大会直前 

日々深化する自分の心は相変わらずだなと思うことばかり

 

そんな渦巻く心に待ったはなく

しっかりと訪れるトキ

 

大会当日は

これまでで一番つらく

長い道のりのように感じた

 

言い訳しか頭がよぎらず

何度も諦め心が襲う

 

気を保てた唯一のPOWERは

仲間でなくても

同じゴールに向かって走っている人たちがたくさんいたこと

 

 一人ではできないことでも

誰かとであれば実現可能な世界がある

 

正直

自分の中で走る意味が分からない以上

“やることに価値はあるのか?”と思ってしまう

 

苦しみを乗り越える代償は大きいからこそ

意味ある時間を過ごしていけるように

 

心と時間の使い方を

意識的に高めていこう

 

f:id:akooooo:20180426172925j:plain

 ◎2018/4/22 第28回 チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 71km完走◎